フッ素樹脂コーディング

  • HOME
  • サービス|ガラス機器のフッ素樹脂コーティング

ガラス機器のフッ素樹脂コーティング

フッ素樹脂コーティングは、ガラス製品の表面にフッ素樹脂をコーティングする技術です。
ガラスの強度を上げるとともに、万一破損した際の飛散防止にもなります。
コーティングに使用するフッ素樹脂は非常に純度が高いため、不純物が混入する心配もありません。

従来のプラスチック等のコーティングとの違い

  • 最大150℃の高い耐熱性
  • 高い耐食性・耐摩耗性
  • 内部の色などが確認可能な透明性
コーティング可能な製品

コーティング可能な製品

一般的なフラスコはもちろん、4ツ口フラスコ・セパラブルフラスコ・分液ロート・三重管式反応容器など様々な形状に対応可能です。大きさも、20L程度のフラスコまで対応可能です。

フッ素コーティングの効果

ガラス飛散防止実験

ガラス飛散防止実験
○実験方法 100mlの水を入れたフラスコをコンクリート床上60cmより落下。
●実験結果 ガラスは割れるもコーティング膜により、ガラスの飛散、水の漏れ等は無し。

耐熱実験

耐熱実験
○実験方法 ロータリーエバポレーターにて熱媒シリコンオイルを用い、静止状態にて150℃、100時間保持
●実験結果 コーティング膜に薄利、ヒビ等の異常なし

透明度

透明度

コーティング後も一定の透明度を保ち、内部の色などを確認可能。

コーティングの対象製品や価格など、お気軽にご相談ください「フッ素樹脂コーティングのご相談」

お問合せ お見積り依頼 パンフレットダウンロード

次の製品にはヒアリングシートをご用意しております。
反応装置 ラボタイプ(~5L) / 反応装置 プラントタイプ(6L~)
薄膜蒸発装置・ショートパスエバポレーター・分子蒸留装置
※各製品名をクリックの上、ヒアリングシートをダウンロードして下さい。

最寄りの営業所にお問合せいただくと、よりスムーズなご対応が可能です。
営業所の一覧と連絡先はこちらをご確認ください。