特注品制作

  • HOME
  • 製品紹介|ロータリーエバポレーター

ロータリーエバポレーター

ロータリーエバポレーター
営業時間9:00~18:00 0968-68-2121無料相談フォーム

フラスコ容量は10L,20L,50L,100L,200L(世界最大)まで非防爆&防爆エリアを標準化し、さまざまな要望にお答えします。

このような用途に適しています

一般的に物質の濃縮に多く利用されます。
装置内を減圧し、フラスコを回転することによって蒸発面積を拡大して、効率よく蒸発させ濃縮します。

旭製作所のロータリーエバポレーターの特徴

  • 1ロータリーエバポレーター 接液部はガラスとPTFE
  • 2ロータリーエバポレーター 回転フラスコの破損防止
  • 456ロータリーエバポレーター 安全で容易な回転フラスコの着脱
  • 7ロータリーエバポレーター 回転フラスコシャワー
  • 8ロータリーエバポレーター 容易な連続供給運転
  • 13ロータリーエバポレーター 回転台車(オプション)で安全に
1接液部はガラスとPTFE
接液部はホウケイ酸ガラスとPTFEのみを使用しています。有害物質等の混入の心配が無いため、高純度製品の製造に適しています。
2優れたシール性
弊社独自のメカニカルシールを採用していますので、高真空が保持可能で、使えば使うほどシール性が増します。(本体内部を全てガラスで構成したことにより、長期間の高真空保持が実現できました。)
3抜群の耐久性
高精度なガラスシャフトを使用しているため、芯ブレが少なく、メカニカルシール部の消耗も少なくなっています。耐久性の優れたメカニカルシール部は、ランニングコスト、メンテナンスコストの低減を可能にしました。
4大口回転フラスコ
回転フラスコの口径は200mm(50L・100L)と大きく、残留物の取り出し・洗浄が容易です。結晶析出性の溶液・高粘性の溶液・固形物質を含むスラリーなどの処理にご利用いただけます。
5回転フラスコの破損防止
回転フラスコ取り付け部に、弊社独自の破損防止用アダプターを採用していますので、回転フラスコ装着部の破損を防ぎます。
6回転フラスコの簡単な芯だし
回転フラスコ取り付け部に、弊社独自のアダプターを採用していますので、誰がセットしても容易に回転フラスコの芯だしが可能です。
7安全で容易な回転フラスコの着脱
回転フラスコ着脱部に折れボルトを使用していますので、回転フラスコの着脱が容易に行えます。専用台車(オプション)を使用すると、さらに安全で容易な着脱が行えます。(特許No.3114061)
8回転フラスコシャワー
温水シャワーポンプを使用すれば、低回転でも約5~8%の蒸発能力がアップします。
9優れた安全機能付き
過昇温防止機能、空焚き防止機能等の数々の安全対策を施しています。
10容易な連続供給運転
還流器に原料投入用バルブを装備していますので、バルブ操作によって原料の連続フィードが容易に行えます。
11減圧を維持したままの回収が可能
本体と受器の間にバルブを設置していますので、バルブ操作によって試料側の減圧を維持したまま、受器より凝縮液を回収することができます。
12凝縮液の混入防止
凝縮液が再び試料フラスコに混入しないように、還流器に中管を施しています。(逆流防止付)
13回転台車(オプション)で安全に
50Lクラス以上のエバポレーターの場合、人力で回転フラスコを持ち運びすることは容易ではありません。そこで機能性・安全性を重視した回転台車を開発いたしました。(特許No.3114061)

蒸留・気液平衡測定サービス

パンフレットダウンロード

レンタル対象商品

旭製作所のロータリーエバポレーターが選ばれる理由

  • お客様の使用用途に合わせた製品をご提案します。
  • 設計担当が加工計算を行い、付帯設備を含めた装置一式をご提案します。
  • 回転フラスコを自社制作しているため、高品質な製品をお得な価格でお買い求めいただけます。
  • 回転フラスコ台車(オプション)の使用により、着脱、持ち運び、洗浄が簡単にできます。
  • 世界最大級の200Lサイズも作成、大量処理が可能です。
  • 生産を目的として製造しているため、実験、研究目的のものに比べ、耐久性・生産性・連続性に優れています。

製品納入業界

化学、製薬、健康食品、レアメタル、試薬メーカー、受託(化学)、食品、化粧品メーカー様などの製品開発・生産にご活用いただいております。

関連商品

レンタル対象商品

お問合せ お見積り依頼 パンフレットダウンロード

次の製品にはヒアリングシートをご用意しております。
反応装置 ラボタイプ(~5L) / 反応装置 プラントタイプ(6L~)
薄膜蒸発装置・ショートパスエバポレーター・分子蒸留装置
※各製品名をクリックの上、ヒアリングシートをダウンロードして下さい。

最寄りの営業所にお問合せいただくと、よりスムーズなご対応が可能です。
営業所の一覧と連絡先はこちらをご確認ください。