特注品制作

  • HOME
  • 製品紹介|多管式熱交換器

多管式熱交換器

優れた耐蝕性と安定した性能
営業時間9:00~18:00 0968-68-2121無料相談フォーム

多管式熱交換器

製品が接触する部分はガラスとPTFEを採用していますので、特に耐蝕性・耐薬品性(酸・有機溶剤)に優れています。
管内外への汚れの付着(スケーリング)が少ないため、長期間の使用でも熱伝導率の変化が少なく、安定した性能を維持することができます。
シェル口径は0.3㎡の小口径から、100㎡の大口径まで対応可能です。

このような用途に適しています

一般に液体や気体などの流体の加熱や冷却の用途に用いられます。
円筒胴内に多数の伝熱管を配列し、伝熱管内外面を流れる流体間で効率的に熱交換を行います。

旭製作所の多管式熱交換器の特徴

  • 多管式熱交換器全機種GMP対応
  • 流体の熱効率を活かすバッフル
  • ガラス製フラットアダプター
  • シェル側面に用意された点検口
1全機種GMP対応
旭製作所の熱交換器は洗浄しやすい構造になっており、製品への汚染や品質変化を防止することが出来ます。
2優れた耐蝕性
製品が接触する部分はガラス(ホウケイ酸ガラス・石英ガラス・合成石英ガラス)とPTFEを採用していますので、特に耐蝕性・耐薬品性(酸・有機溶剤)に優れています。
3高いシール性
インナーチューブにおけるシール部にPFA被覆Oリング(またはフロロハイパーOリング)を採用。 高温・高圧下での使用を可能にしました。またインナーチューブも高い精度のものを使用しています。
4優れた安全性
PTFEチューブプレートでは、弊社独自のSUS304補強板を使用することで、従来品の数十倍(当社比)の安全性を確保することが出来ます。また注水時に冷却水が直接インナーチューブに当たらないシェル形状を採用。破損を防ぎます。
5保守が容易な構造
万一インナーチューブが破損した場合でも、弊社独自のフランジ付ドーナツスペーサー使用により、容易にインナーチューブを交換できるようになりました。
6高い対ヒートショック性
ヒートショック※(⊿t)⇒最大:160℃(GMP-S型) ※ガラス管内温度とシェル内温度との許容温度差
7安定した性能を維持
管内外への汚れの付着(スケーリング)が少ないため、長期間の使用でも熱伝導率の変化が少なく、安定した性能を維持することが出来ます。

導入事例

旭製作所の多管式熱交換器が選ばれる理由

  • お客様の使用用途に合わせた製品をご提案します。
  • 設計担当が加工計算を行い、付帯設備を含めた装置一式をご提案します。
  • 使用用途に合わせて1パス・2パス・3パス方式の選定が可能です。
  • バッフル<旭式欠円形邪魔版>の設置により、これにより今まで以上に熱交換率を高めることが可能となりました。
  • シェル口径は0.3㎡の小口径から、100㎡の大口径まで対応可能です。
  • 生産を目的として製造しているため、実験、研究目的のものに比べ、耐久性・生産性・連続性に優れています。

製品納入業界

化学、製薬、健康食品、レアメタル、試薬メーカー、受託(化学)、食品、化粧品メーカー様などの製品開発・生産にご活用いただいております。

お問合せ お見積り依頼 パンフレットダウンロード

次の製品にはヒアリングシートをご用意しております。
反応装置 ラボタイプ(~5L) / 反応装置 プラントタイプ(6L~)
薄膜蒸発装置・ショートパスエバポレーター・分子蒸留装置
※各製品名をクリックの上、ヒアリングシートをダウンロードして下さい。

最寄りの営業所にお問合せいただくと、よりスムーズなご対応が可能です。
営業所の一覧と連絡先はこちらをご確認ください。