特注品制作

  • HOME
  • 製品紹介|ブルーラベル反応装置

ブルーラベル反応装置 ラボタイプ - 300 mL ~ 5 L -

ブルーラベル反応装置 ラボタイプ

反応装置のスタンダードモデル。反応に必要なパーツを組み合わせたユニット商品

反応容器、コンデンサー、滴下ロートといった器具と架台がセットになっている、反応操作に必要なパーツを組み合わせた反応装置(ユニット商品)です。

営業時間9:00~18:00 0968-68-2121無料相談フォーム

特長

1多様な容器形状で様々な実験に対応

媒体バッフル付
三重管

三重管
 

媒体バッフル付
二重管

二重管
 

反応ろ過器
フルジャケット

ヌッチェフィルタ
フルジャケット

ヌッチェフィルタ
シングルウォール

2早く正確な温度コントロール

均等な熱分布
<AG! 媒体バッフル付反応容器>

局所加熱発生
<一般的な反応容器>

AG! のガラス製媒体バッフルは媒体のショートパスを防ぎます。
ジャケット内の熱のばらつきを防ぎ、均一かつ効率的な温度制御を実現します。

3豊富な容量構成でスケールアップが容易に

300mL から2L まで、3L から5L までの装置は同一架台を使用しているため、スケールアップが容易に行えます。

300 mL
三重管

500 mL
三重管

1 L
三重管

2 L
三重管

3 L
三重管

5 L
三重管

* 容器容量 300 mL ~ 2 L はDN 100 ベッセルクランプをご使用ください。

* 容器容量 3 L ~ 5 L はDN 150 ベッセルクランプをご使用ください。

4作業時間を短縮する専用架台

5液漏れを防ぐフラッシュ弁

高温から低温、低温から高温へと温度変化が激しい反応操作においても、
スプリング内蔵のフラッシュ弁が液漏れを防ぎます。シャフト材質:PTFE

6デッドスペースを最小にし、撹拌効率を高めた容器底面

7軸ブレを軽減する撹拌シール

撹拌シールの長い軸サポート部が軸ブレを軽減します。
また、独自の構造で削れカスの混入を軽減します。

8選択可能な撹拌羽根

アンカータイプ

プロペラタイプ

三枚後退翼タイプ

反応装置 ラボタイプ

• 反応槽容量 : 300 mL, 500 mL, 1 L, 2 L, 3 L, 5 L

• 反応容器種類 : 二重管式、三重管式 ※どちらも媒体バッフルに対応しております

• 反応槽内許容運転圧力 : Full Vacuum ~ 常圧

• 媒体槽内許容運転圧力 : Full Vacuum ~ +0.05 MPa (+0.5 bar G)

• 許容温度 : -90 °C ~ +230 °C

• ΔT : 110 °C( 二重管式)、 60 °C( 三重管式)

* 許容運転温度は付帯設備などの諸条件によります

* こちらの製品に撹拌機、恒温槽は含みません

* 微加圧などでご使用希望ございましたらご相談下さい

AG!の反応容器

リングバッフル(媒体バッフル)

熱の伝わりが早い!重合・分解を防ぐ!
リングバッフル
リングバッフル

媒体がらせん状に流れ、ショートパスを防ぐ

  • ジャケット内の温度ムラがない
  • 伝熱面積を最大限に活かす
  • 媒体の流速が遅くなる低温域でも強制的に循環させ、流れがスムーズ
リングバッフル付反応容器
サーモグラフィーによる温度ムラ撮影

昇温時間の差(プロセス温度制御)

低温の媒体を流すと...

真空ジャケット(三重管)

熱を最大限に生かす真空ジャケット

  • 放熱エネルギーを遮断
  • 熱エネルギーを効果的に反応層に伝える
  • 外気の影響を受けにくい
真空ジャケット(三重管)

低温時でも霜がつかず、内部観察が可能

低温時でも霜がつかず、内部観察が可能

広い温度制御範囲(三重管)

広い温度制御範囲(三重管)

リングバッフル × 真空ジャケット

  • 熱の伝わりが早い
  • 高精度な温度制御
  • 重合・分解を防ぐ

最大製作容量

三重管:60 L
二重管:150 L

※特注対応となり、ブルーラベルには適用されません

リングバッフル × 真空ジャケット

さらに大きな容量なら

固定式

固定式

10 L , 20 L , 30 L

手動昇降タイプ

手動昇降タイプ

10 L , 20 L , 30 L

パンフレットダウンロード お見積り依頼 お問合せ

次の製品にはヒアリングシートをご用意しております。
反応装置 ラボタイプ(~5L) / 反応装置 プラントタイプ(6L~)
薄膜蒸発装置・ショートパスエバポレーター・分子蒸留装置
※各製品名をクリックの上、ヒアリングシートをダウンロードして下さい。

最寄りの営業所にお問合せいただくと、よりスムーズなご対応が可能です。
営業所の一覧と連絡先はこちらをご確認ください。