特注品制作

  • HOME
  • 製品紹介|撹拌シール(ブレ防止タイプ)

撹拌シール(ブレ防止タイプ)

理想的な撹拌環境を提供 軸ブレ・削れカス軽減

撹拌シール(ブレ防止タイプ)
営業時間9:00~18:00 0968-68-2121無料相談フォーム

旭製作所の撹拌シール(ブレ防止タイプ)の特徴

  • 1長い軸サポート部が軸ブレを軽減!

    • ・ 高い回転数での撹拌時に、容器や装置全体の揺れを抑制できます。
    • ・ 少量サンプルの撹拌時も、安定した回転により内容物の飛び散りを抑えることができ、安心して実験を行うことが可能です。
    • ・ 軸ブレの少ない実機に近い撹拌条件でのスケールアップ検証が可能です。

    軸ブレ比較試験

  • 晶析実験やPTFEの削れカスによるコンタミを嫌う実験に
  • 2削れカスの混入を軽減!

    従来の撹拌シールでは、撹拌棒と撹拌シールの摩擦により削れカスが発生し、反応槽に混入することがあります。
    AG!の撹拌シールは摺動部がPEEKとガラスの組み合わせのため(下図参照)、削れカスが発生しにくく、撹拌シールからの削れカスによるコンタミにお困りの方におすすめします。

    削れカス比較試験

  • 晶析実験やPTFEの削れカスによるコンタミを嫌う実験に
  • 3優れた耐薬品性!

    接液部には耐薬品性に優れた材質を使用。
    また、ガラスボールベアリングの使用により、錆びることなく、なめらかな回転を維持できます。
    • 接液部材質:PTFE/PEEK/PEEK filled PTFE※1/ガラス
      ※1 材質:20% PEEK + 80% PTFE
  • 4取り外し簡単!

    撹拌シールを取り外す際、力任せに引き抜こうとすると、勢い余って周囲の機器を破損させてしまったり、負傷する場合があり危険です。
    AG!の撹拌シールではネジ部を回すことで、撹拌シール本体が優しく押し上げられ、安全かつ簡単に取り外すことができます。
    ジョイント部はテーパータイプとSQグランドタイプの2種類からお選びください。
  • 取り外し方
    ネジ部が本体を持ち上げ、ジョイント部から簡単に外せます
  • 5グリースレスでもしっかり密閉・固定!

    SQグランドジョイントタイプは、ネジとOリングによりグリースレスでも撹拌シール本体とガラスジョイントをしっかり密閉・固定します。
  • SQグランドジョイントの仕組み

旭製作所の撹拌シール(ブレ防止タイプ)の仕様

晶析実験やPTFEの削れカスによるコンタミを嫌う実験に

  • 接液部材質:PTFE/PEEK/PEEK filled PTFE※1/ガラス

    ※1 材質:20% PEEK + 80% PTFE

  • シール部材質:PTFE
  • 適合シャフト材質※2:PTFE / 金属 / ガラス(ホウケイ酸・石英)

    ※2 シャフト公差± 0.1mm 以内のものをご使用ください。
      ブレや リークレートに影響を与えます。

  • 使用圧力範囲:〈減圧〉 ~ 666Pa
    〈加圧〉 0.020MPa ~ 0.034MPa
  • 許容回転数※3:500rpm(連続使用時) 800rpm(断続使用時)

    ※3 摩擦により過熱される場合があります。

  • 消耗品
    ベアリングシール / ロックナットパック
                ベアリングシール    ロックナットバック
               ※上記の数値は、本品単体の仕様です。
               装置に組み込む等、ご使用の条件次第で、この数値が満たされない場合があります。

本体

コードNo. φ L1 L2 ジョイントタイプ 価格
3341-5L-8 29/42 φ 8 96 50 テーパー ¥70,000
3341-5L-10 29/42 φ 10 96 50 テーパー ¥70,000
3341-5L-10-9 29/42 φ 10 96 50 SQグランド ¥70,000
3341-8L-16 45/50 φ 16 110 50 テーパー ¥87,000

消耗品

商品名 コードNo. φ 価格
ベアリングシール 3347-518BS φ8,φ10 ¥4,000
ベアリングシール 3347-526BS φ16 ¥5,000
ロックナットパック 3341-518RP φ8 ¥1,600
ロックナットパック 3341-510RP φ10 ¥1,600
ロックナットパック 3341-516RP φ16 ¥1,600

ご使用に関する注意点

  • ・中真空・高真空でのご使用には適していません。
  • ・撹拌棒とモーターの正確なセンター出しが必要です。
    取付け時の軸ズレが大きい場合、シールとベアリングの損傷の原因となります。
    また、撹拌棒と静的部品が接触して、反応器内に削れカスが入り込む恐れがあります。

お問合せ お見積り依頼 パンフレットダウンロード

次の製品にはヒアリングシートをご用意しております。
反応装置 ラボタイプ(~5L) / 反応装置 プラントタイプ(6L~)
薄膜蒸発装置・ショートパスエバポレーター・分子蒸留装置
※各製品名をクリックの上、ヒアリングシートをダウンロードして下さい。

最寄りの営業所にお問合せいただくと、よりスムーズなご対応が可能です。
営業所の一覧と連絡先はこちらをご確認ください。