特注品制作

  • HOME
  • 製品紹介|熱媒ホース<IHSFシリーズ>

熱媒ホース<IHSFシリーズ>

理想的な撹拌環境を提供 軸ブレ・削れカス軽減

熱媒ホース
営業時間9:00~18:00 0968-68-2121無料相談フォーム

旭製作所の熱媒ホース<IHSFシリーズ>の特徴

    • 晶析実験やPTFEの削れカスによるコンタミを嫌う実験に
    • 晶析実験やPTFEの削れカスによるコンタミを嫌う実験に
    • 晶析実験やPTFEの削れカスによるコンタミを嫌う実験に
    • 晶析実験やPTFEの削れカスによるコンタミを嫌う実験に
    • 晶析実験やPTFEの削れカスによるコンタミを嫌う実験に
1限られたスペースでの配管を可能に
分厚い断熱材に覆われた熱媒ホースは思うように曲がらず 「場所を取る」「機器配置が思うようにならない」といった問題がありました。
しかし柔軟性に優れたAG!の熱媒ホースを使うことで、思った位置への配管が 容易になり、機器配置の自由度が増し、省スペース化も可能となります。
2負荷が少なく ガラス機器への接続に最適
弾性が強く重量があるホースをガラス機器への配管に使用すると、ガラスに負荷がかかり破損の原因となります。
ガラス機器メーカーのAG!が考えたこの熱媒ホースは、これまでの熱媒ホースに比べ、 その柔軟性によってガラスに対する負荷を最小限にし、より安全にガラス機器をご使用いただけます。
3-90 ~ +250℃の幅広い使用温度範囲
温度範囲の広い循環型恒温槽に対応する使用温度範囲(-90~+250℃)。
これ1本で高温実験から低温実験まで様々な実験に対応することが可能です。
4接続簡単! 抜け漏れに強い!
ホースバンドを利用した固定では、増し締めをしないとホースの熱膨張・熱収縮により漏れ・抜けが発生する 可能性が高くなります。
AG!の熱媒ホースでは、接続部に主要循環恒温槽では一般的な接続サイズであるM16・M30ネジを採用し、 漏れ・抜けの不安を減らします。
5高い断熱性能でエネルギーロスを最小限に
肉厚のシリコーンスポンジを採用。断熱性が高く、放熱を防ぎ、熱媒のエネルギーロスを最小限にとどめます。 これにより循環型恒温槽の能力をあますことなく伝えます。
断熱性試験

AG!熱媒ホース(M30)と他社製熱媒ホースを直列に接続した状態で、恒温槽内の熱媒を室温から280℃まで昇温、 室温から-90℃まで降温。熱媒ホース各位置の温度変化を測定しました。



旭製作所の熱媒ホース<IHSFシリーズ>の仕様・価格

  • 使用温度範囲:-90 ~ +250℃
  • 接続部形状:M16 (IHSF16) / M30 (IHSF30)

    ※一部恒温槽ではM24、M38など異なるサイズがござい ますのでご注意ください。

コードNo. 型式 接続部 L (mm) キャップ外径 ホース外径 価格 Parts No.
3395-16-1000 IHSF16-1000 M16 1,000 Φ 50 Φ 45 ¥70,000 1600028079
3395-16-1500 IHSF16-1500 1,500 ¥90,000 1600028080
3395-16-2000 IHSF16-2000 2,000 ¥110,000 1600028081
コードNo. 型式 接続部 L (mm) キャップ外径 ホース外径 価格 Parts No.
3396-30-1000 IHSF30-1000 M30 1,000 Φ 63 Φ 58 ¥90,000 1600028082
3396-30-1500 IHSF30-1500 1,500 ¥110,000 1600028083
3396-30-2000 IHSF30-2000 2,000 ¥140,000 1600028084
3396-30-3000 IHSF30-3000 3,000 ¥170,000 1600028085

ご使用に関する注意点

  • •断熱材が膨潤しますので、シリコンオイルが付着した状態で使用しないでください。 付着した際はウエスなどを用いて、早めに拭き取ってください。
  • •接続時にはMネジ部に焼付防止潤滑剤を塗ってご使用ください。

お問合せ お見積り依頼 パンフレットダウンロード

次の製品にはヒアリングシートをご用意しております。
反応装置 ラボタイプ(~5L) / 反応装置 プラントタイプ(6L~)
薄膜蒸発装置・ショートパスエバポレーター・分子蒸留装置
※各製品名をクリックの上、ヒアリングシートをダウンロードして下さい。

最寄りの営業所にお問合せいただくと、よりスムーズなご対応が可能です。
営業所の一覧と連絡先はこちらをご確認ください。