リングバッフル付反応容器|理化学用ガラス機器の【旭製作所】

特注品制作

  • HOME
  • リングバッフル付反応容器

リングバッフル付反応容器

リングバッフル付反応容器
営業時間9:00~18:00 0968-68-2121無料相談フォーム

AG!"リングバッフル"とは ガラス製反応容器のジャケット内部に取り付けられたAG!独自の邪魔板構造です
容器サイズは300ml~100Lまで対応可能です。

このような用途に適しています

ジャケット内に熱媒や冷媒を強制的に循環させることで、 反応容器の伝熱係数をアップさせたり、ジャケットの温度ムラの軽減に非常に有効です。

リングバッフル

! バッチスケジューリングの時間短縮

! 伝熱係数UPで恒温槽の能力を最大限活用

! 局所加熱、冷却を防止

! バッチスケジューリングの時間短縮

AG!"リングバッフル"は、バッチスケジューリングの短縮にも効果的です。キログラムスケールの反応操作には、 目的の反応温度に到達するまでの準備時間に時間が掛かり、時には反応時間よりも長くなるケースもあります。
AG! "リングバッフル"は熱媒あるいは冷媒のショートパスを防ぐことで、ジャケットの伝熱面を最大限に活用 することができ、従来のジャケットと比較してU値が約1.5倍向上しました。

リングバッフル付反応容器比較

!伝熱係数UPで恒温槽の能力を最大限活用

従来のジャケットと比較してAG!"リングバッフル"は圧倒的に昇温時間が短縮されます。

運転条件
開始温度25℃
設定温度150℃
容器容量20L
恒温槽LAUDA XT950W
ヒーター容量5.3kW
リングバッフル付反応容器時間短縮

結果(温度到達時間)

・AG!"リングバッフル":1:02:30

・従来のジャケット  :1:30:10

 ※設定温度の±1.0℃以内の到達時間です。

リングバッフル付反応容器昇温時間

サーモグラフィーによる温度分布(加熱)

サーモグラフィーによる温度分布(加熱)

!局所加熱、冷却を防止

局所加熱、冷却を防止

冷熱媒ショートパスが起こり温度ムラができると、収率や品質に影響を及ぼす可能性はないでしょうか?
実際のバッチ式反応釜のジャケット内部にも邪魔板が取り付けてあったり、 ハーフパイプ型ジャケットが採用され、熱媒や冷媒のショートパスを防ぐ役割をしています。
AG! "リングバッフル"も同様に装置内の局所加熱、冷却を避けることができ、 理想的な実験を可能とします。

パンフレットダウンロード お問合せ お見積り依頼

次の製品にはヒアリングシートをご用意しております。
反応装置 ラボタイプ(~5L) / 反応装置 プラントタイプ(6L~)
薄膜蒸発装置・ショートパスエバポレーター・分子蒸留装置
※各製品名をクリックの上、ヒアリングシートをダウンロードして下さい。

最寄りの営業所にお問合せいただくと、よりスムーズなご対応が可能です。
営業所の一覧と連絡先はこちらをご確認ください。