溶解度パラメータ(SP 値・HSP 値)セミナーのご案内

  • HOME
  • News Topics
  • 溶解度パラメータ(SP 値・HSP 値)セミナーのご案内
溶解度パラメータ(SP値、HSP値)セミナー
演題 溶解度パラメータ(SP 値・HSP 値)の基礎と応用技術
講演者 関西大学 理事
大学院理工学研究科長、環境都市 工学部 学部長
環境都市工学部 エネルギー・環境工学科 教授
工学博士 山本 秀樹 先生
日時 2019年 7月26日(金) 関西大学梅田キャンパス
2019年 8月 2日(金) 博多バスターミナルビル
参加費 1名様 45,000円(税抜)
2名様以上同時申し込みの場合、1名様につき33,000円(税抜)
学生・教職員の方は、1名様 21,500円(税抜)
※資料、昼食代込

SP 値は新素材の溶解性を評価することができ、特に高分子素材の溶剤への溶解力や親和力の指標として用いられています。
物質固有の値であるSP 値は、それぞれのSP 値が近いほど溶解しやすく、SP 値が離れていると溶解しにくいため、物質に近いSP 値を持つ溶媒を選択することで溶解性を高めることができます。SP 値は溶解性だけでなく溶剤に対するゴムの膨潤性や溶剤中の紛体の分散性などの評価にも利用されています。

講演される関西大学 山本教授はSP 値の草分け的存在です。
「SP 値の基本的な知識を得たい!」「SP 値を効果的に活用したい!」という方は、是非ご参加ください。

パンフレットダウンロード お問合せ お見積り依頼

次の製品にはヒアリングシートをご用意しております。
反応装置 ラボタイプ(~5L) / 反応装置 プラントタイプ(6L~)
薄膜蒸発装置・ショートパスエバポレーター・分子蒸留装置
※各製品名をクリックの上、ヒアリングシートをダウンロードして下さい。

最寄りの営業所にお問合せいただくと、よりスムーズなご対応が可能です。
営業所の一覧と連絡先はこちらをご確認ください。